カードローン審査に通らない原因は?

キャッシングベスト3

カードでのキャッシングの審査に通らない原因が知りたい

25歳の会社員です。先日、カードでのキャッシングに申し込みしたのですが、審査に通らなかったのでとてもショックを受けてしまいました。申し込みしたのは、大手のカードローンです。お金を借りるのは初めてで、どこも事故情報などないと思うのですが、なぜ私は落ちてしまったのでしょうか。審査に通らないということは、私は社会人としての資格がないと言われているようで、かなり落ち込んでしまっています。

せめて理由だけでもわかればいいのですが、原因をカード会社に聞いても、それは答えられないと言いますし、気になっています。

カードローンの審査に通らない原因は「勤続年数」もあるかも

カードローンの審査に通らないと、本当にショックを受けてしまいますよね!どんな人でも、審査に通らないと、思った以上にショックを受けてしまうということです。しかも、フリーターやパートではなく、会社員だということで、一般的にはカードローンの審査に通ると言われているので、ますますショックを受けてしまいそうですね。

しかし、職業だけではなく、カードローンの審査に通らない原因は他にもあるのです。もちろん、あなたが審査に通らない原因の真実はわかりませんが、予想してみましょう。

カードローンの審査では、あなたが信頼できるかどうかを主軸に審査します。そのひとつが職業ですね。先ほども申しました通り、フリーターやパートなど不安定なイメージのある職業ではなく、公務員や会社員であれば、信頼は高くなります。フリーターやパートはすぐに仕事を辞めることもできますし、病気になって働けなければ一円も入ってこないからですね。

他にも、審査に通らない原因はあります。ひとつは、勤続年数です。勤続年数は意外と大事なのです。ひとつの会社で働き始めて数ヶ月であれば、その職場があなたのことを信頼しているかどうかわかりませんよね。もしかして、あなたがイヤになって、会社を辞めてしまうかもしれません。そうすると、無職になってしまいますから、返済は厳しくなります。

さらに、勤続年数が長いと、それなりに給料も上がるというのが自然です。ですから、勤続年数が長い人の方が信頼は増して、審査に通りやすくなるのです。、

ご質問者様は、もしかして転職または就職したばかりだったのではないでしょうか。働き始めて1ヶ月や2ヶ月では、いくら正社員であっても、カードローンの審査には通りづらくなるようですよ。

カードローンの審査に通らない人が改善すべきこと

カードローンの審査に通らない人が改善すべきことは非常に単純なことだと言えます。それは、きちんとカードローンの審査の基準を理解して申請をすることなのです。こうしておくだけで、間違いなくお金を簡単に貸してもらえるようになります。なぜこのようなことがいえるのかと言うと、そもそもカードローンの審査の基準というのはどこの会社であってもほとんど同じになっているからです。

カードローンというのは、キャッシングというサービスの一つのサービスになっています。キャッシングというのは個人の消費者に対して少額融資を提供することをいい、カードローンはその典型的なサービスなのです。特長的なのは、小口の融資という性質上非常にお金を借りるための条件が甘くなっていることにあります。文字通り、誰でもお金を借りることが出来るのです。

基本的に、キャッシングの融資の条件というのは大きく分けて二つに分かれているのですが、その中でも最も大切になるのが所得の証明です。これさえキャッシング会社にできれば後は簡単にお金を借りること出来ると言えます。なぜかと言うと、キャッシングにおける融資の基準というのは年収によって決定されているからなのです。つまり、年収がないと融資を受けることができません。

キャッシングのような少額融資のサービスには、総量規制という特別なサービスが適用されるようになっています。総量規制というのは、お金を借りる消費者の年収に対して上限を設定する規制の事を言いますので、年収さえ存在していればたとえそれが少ない収入であったとしてもその範囲で必ずお金を借りることができるようになっているのです。だからこそ、大切になります。

ですので、カードローンの申請をするときにはアルバイトやパート、何でも良いので一定の職種に就いておく必要があるのです。そうしておけば必ず融資の基準を満たすことができるようになりますので、学生や主婦であってもお金を借りることが出来るのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 «年金収入のみでも相談!»融資可能な金融先紹介サイト! All Rights Reserved.